タイマッサージでサバイ・サバイ!

バンコクに赴任して1週間も経たないうちに経験したことが ①激辛でも旨いタイ飯、 ②灼熱炎天下でも楽しいゴルフ、 そして③痛くても気持ち良いタイマッサージ、その中でも最も病みつきになったのが本格的タイマッサージでした。バンコクには数多くのタイマッサージ店があり、そこではワットポー(ポー寺院)で本格的に研修を受けたマッサージ師による巧みな施術が受けられます。基本的には2時間コースで、料金は店によって差がありますが普通クラスで1500円前後。とは言っても初めての時はそのアクロバティックな動きに対する「痛さへの恐怖心」が先立ち、身体に力が入ってとてもリラックス出来る心境ではありませんでした。それでも強さ加減をジェスチャーで伝えると「OKマイ?(OKですか?)」と確認してくれ、1時間後には身心共にリラックス状態になれました。その頃になるとマッサージ師による「タイ語講座」が始まります。「痛いはチェップ」、「くすぐったいはチャカチー」そして「気持ち良いはサバイ」、この3つの単語はタイでのマッサージには絶対に必要な言葉ですが、回を重ねていくうちにチェップやチャカチーを口にすることは無くなります。日本に戻った今でも懐かしいタイマッサージ、本当にサバイ・サバイ思い出です。

ホームに戻る